●長生きを目的の場合はブリード時以外はプロゼリーに替えていただくことをお勧めします。本製品は低糖タイプなのでその部分では長生きにつながると考えていますが、クワガタムシ・カブトムシは超高栄養価の食事を続けることが長生きにつながるかどうかのデータはそろっていません。与え続けることで極端に長生きする可能性も十分ありえますが、試験段階では特に寿命の差はありませんでした。
●食いを重視した商品ではありません。プロゼリーなどに比べると落ちる傾向です。カブトムシには差はあまりないですが、クワガタムシは個体により差が出ます。
●高栄養と栄養バランスを取るための配合のため、液だれを防ぐ商品に仕上げることはできませんでした。多少液だれします。
●成分が濃いため分離や成分の塊が見られることが多々あります。
日光厳禁、高温厳禁、冷蔵庫保管をおすすめ。ビタミンは環境により減退しますので、暗くてできるだけ涼しいところで保管してください。また早めにお使いいただくことをお勧めします。
販売開始しました! 現在は数を多く準備できていないため限定販売になります。

  50個簡易包装入り 1250円
200個簡易包装入り 4000円
ご購入はこちら

●動物性たんぱく質と植物性たんぱく質

カブトムシ・クワガタムシの成虫は樹液食(植物食)の昆虫ですが、動物性たんぱく質が苦手というわけではありません。オオクワガタのメスは産卵前後に足りなくなった栄養を取るため、オスや他の昆虫を食べたりするのは有名な話で、産卵時にカブトムシの蛹などを与えるとずっとかぶりつくくらいなので、動物性・植物性に関係なくたんぱく質を要求しているのがわかります。

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いは何でしょうか?それはアミノ酸組成です。哺乳類も昆虫も動物なので利用効率の点では植物性より動物性たんぱく質が優れているのはすべての種類に共通しています。
(完全植物食の種類には動物性たんぱく質は問題が出る可能性もあります)

プロゼリーVPは純度の高いホエイたんぱくを主に使用しています。植物性の大豆たんぱくや原材料由来の植物性たんぱく質も含まれています。
栄養価(アミノ酸価)、たんぱく質効率の良いホエイたんぱく。人用のプロテインにも利用されている良質なたんぱく質です。小麦たんぱくに比べ約2.4倍、大豆たんぱくに比べ約1.7倍のたんぱく質効率です。
例えば4%ホエイたんぱく含有の場合、小麦たんぱくに換算すると約10%含有しているのと同じ効果が得られます。※人間基準