●フェロールマット (クワガタムシ用産卵促進マット)

ラベルは付きませんがラベル付きをご希望の方はお申し付けください。
フェロールマットの実績例
マット人気No.1  コバエも出づらい!

超微粒子の産卵促進用マット。厳選した微粒子マットをベースに乳酸菌や酵母などの微生物を加え発酵。クヌギ100%。
インドアンテ、1回で80個以上などの産卵実績あり。よく産みます。マット産みの種類全般に使用可能で、孵化した幼虫がそのまま食べても大きくなります。培地の色は状態により写真と異なることがあります。

■適合種:アンタエウス、ノコギリ各種、ヒラタ各種、ホソアカ各種、ミヤマ各種、国産外国産カブトムシなどマット産みの種類全般。

使用時の注意事項についてはページ下をご覧ください。
粒子の拡大画像はこちら

10L(袋入り) 通販価格
1600円(税込み1728円)

使用方法はこちら→ 産卵セットの組み方

●栄養フレークEX (クワガタムシ、カブトムシ幼虫飼育用マット)

ラベルは付きませんがラベル付きをご希望の方はお申し付けください。
こちらも大好評! コバエも出づらい!

クヌギ微粒子マットをベースにオリジナルの添加剤を加え発酵させたもの。プロテイン添加で品質アップ。微粒子でソフトな仕上がり。生オガ配合でクワガタからカブトまで幅広く使えます。
培地の色は状態により写真と異なることがあります。

■適合種:クワガタムシ、カブトムシのほぼすべての種類(ツヤクワガタ、マルバネクワガタなどを除く)。

使用時の注意事項についてはページ下をご覧ください。
粒子の拡大画像はこちら

10L(袋入り) 通販価格
1000円(税込み1080円)
50L(箱入り) 通販価格
3800円(税込み4104円)


●KBカブトマット (カブトムシ幼虫飼育用、産卵用マット)

ラベルは付きません。
広葉樹100%原料に各種添加剤を加え完熟発酵させたマットです。完熟発酵で国産外国産カブトムシ全般にお使いいただけます。
ヘラクレス、ネプチューン、ゾウカブト、アトラス、コーカサスなどカブトムシ全般に適合します。産卵から幼虫飼育まで使用できます。
培地の色は状態により写真と異なることがあります。

使用時の注意事項についてはページ下をご覧ください。

10L(袋入り) 通販価格
900円(税込み972円)
ケース(10L×5袋) 通販価格
3500円(税込み3780円)


●大地 (成虫飼育用、発酵マット作製用マット)
クヌギ、コナラの腐木を100%使用した昆虫マットです。保湿性にすぐれ、成虫、幼虫ともに使用できます。基本的にはコナラマットと近いものです。オレオス製品。

5L(袋入り) 通販価格
290円(税込み313円)
ケース(5L×20袋) 通販価格
5200円(税込み5616円)


●コナラマット (成虫飼育用、発酵マット作製用マット)

粒子の拡大画像はこちら
コナラ100%のベーシックな昆虫マット。無添加、未発酵。成虫管理、発酵マット作製など用途は広いです。

50L(箱入り) 通販価格
1600円(税込み1728円)
小分け袋(約3L) 通販価格
 150円(税込み162円)


●生オガ (成虫飼育用、発酵マット作製用、菌床作製、菌床混合用)
新外産菌床に使用されているブナ粗め生オガ
KBブナ菌床に使用されているブナ微粒子生オガ
発酵マット作製や菌床との混合に。ブナ粗めは成虫飼育にも適しています。

ブナ粗め10L(袋入り) 通販価格
700円(税込み756円)
ブナ微粒子10L(袋入り) 通販価格
700円(税込み756円)


■注意事項
●発酵マット各種、袋や箱をあけた時、臭いがきつい時がございますが、そういった時はマットが空気に触れる状態で2、3日ほど置いておけば臭いは消えていきます。臭いがあるときはすぐにはお使いにならず、空気に触れた状態でしばらく置いておき、必ず臭いがなくなってからお使いください。これは二次発酵(熟成)が進んでいるために起こるもので、一次発酵はすんでおりますのでエサとしては問題ございません。しばらく置いて熟成させるとエサとしてはより品質のいいものになります。発酵マット各種、臭いがない場合でも安全のため商品到着後、上記の処理を行っていただくことをお勧めします。

●箱詰め、袋詰め後に微生物により発酵が進み、菌が繁殖し外見が見本写真のように綺麗でないことがあります。保管時に起こってしまうことで、現状では防ぐことは困難ですのでご了承ください。商品の品質には問題ありません。詳しくはFAQの6番をご覧ください。どうしても袋の外見が気になる方はご注文時にお書き添えください。できる限り外見が綺麗なものを選んでお送りいたします。箱詰めに関してはそういった対応はお受けできません。

50Lケース
マット各種粒子比較はこちら
マットに出る白い菌についてはFAQの6をご参照下さい。
HOME